読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堂本剛くんの想い出

ぼくらの勇気未満都市がなぜか今更SPドラマ化されると知り、かつて子供の頃KinKi Kidsに憧れた日々があったことを思い出した。
LOVE LOVEあいしてるも復活するらしく、にわかにKinKi Kidsが盛り返してる感があり少しだけ嬉しい。

私の世代はSMAPでもTOKIOでもV6でもなく、KinKi Kidsが人気だった気がする。
クラスでも光一派と剛派にはっきり別れていた。
私は断然、剛くん派。
芸能人という存在に憧れたのは、剛くんが最初で最後だったような気がする。私が誕生日と血液型を覚えている芸能人は彼だけである。

可愛さと精悍さを兼ね備えたルックスと、トボけているけどどこか陰があって繊細そうな剛くんが好きだった。
テレビとラジオをチェックする程度のライトなファンだったけど、「元カレ」ぐらいまで剛くんのドラマは追いかけて観ていたように思う。
一人暮らしを始めてテレビのない生活をしたり、ヴィジュアル系に傾倒したり、彼氏ができたりして、いつのまにか剛くんのことはすっかり忘れてしまっていた。

後に、私が好きだった頃の剛くんはパニック障害でずっと人知れず苦しんでいたことを知って、非常に複雑な気持ちになった。
KinKiはすっかり影が薄くなってしまったけど、もしかしたら本人的には今の方が好きなことをやれて充実しているのかもしれない。
そう信じたい。

結婚してからテレビのある環境になったので、また剛くんにドラマに出て欲しいなぁ。
できたら野島伸司脚本で、繊細でシリアスな役を……と思ったらすでに出ていらっしゃった。
「プラトニック」だって。
全く知らんかった。

調べたらネットの力でゴニョゴニョするしか観る方法はないっぽい。
この時代、オンデマンド配信ぐらいあったっていいのに。
肖像権の問題だかなんだか知らんが、いい加減ジャニーズは異常なメディア規制をやめろと言いたい。
radikoもジャニーズのタレントが少しでも出てる番組は聴けなくなるから困る。